予備校の授業には受けなくても良いものが含まれております

大手予備校のテキストは、難易度の高い問題を出題する大学のレベルの合わせて構成されています。「国立医学部コース」に在籍する生徒さんには東大医学部のような難易度の高い問題を出題する大学を志望する方もいらっしゃれば、群馬大学や新潟大学や山形大学のような標準レベルの問題を出題する方もいらっしゃいます。広いニーズをカバーするために、テキストの難易度は高くなるのです。

その全ての授業を受け全てのテキストの問題をマスターしようと多大な時間と労力をかけたとしても、自分の実力や受験する大学に合っているとは限らないのです。

後期の授業になるとテキストの難易度は一気に上がる傾向にあります。そのため、自分の志望校の出題傾向に照らして、不必要な授業は受けないようにするとよいと思います。実際にどの授業を受けて、どの授業を受けないようにするのかの見極めは難しいものです。理数塾高崎校では医学部受験を勝ち抜いたチューターもいるので適切なアドバイスを受けられます。

予備校の授業で自分に必要のない授業を受けないようにすれば、時間的な余裕が生まれます。その時間を使って自分が本当にやるべきことをやれば、より一層合格に近づくことになります。入試本番まで時間は無くなってきていますが、最後まで頑張ることです。