夏期講習の選び方

生徒からの相談で「夏期講習を受けて消化不良を起こしてしまった」「自分の課題もよくわからなくなってしまった」と夏が終わってから相談に来る生徒が多いです。

8月には模擬試験もありますから、夏期講習で時間が過ぎてしまい、夏期講習が終わると模擬試験が迫っているため慌てて準備をして、気が付いたら夏も終わってしまい模擬試験も散々な結果になるという流れで相談に来るのです。

このように予備校や塾の夏期講習の最大のデメリットは夏期講習に行くことが目的となってしまい、自分の弱点を克服するための時間が無くなってしまうことにあります。

短時間で詰込み型の講義を受けることで一気に挽回しようと考える受験生は多く、塾もそうした受験生のニーズを良く分かっているので、詰込み型の夏期講習が流行っています。しかし、詰込みで一気に成績が伸びるというのは甘い願望に過ぎず、詰め込んで一気に成績が伸びることはありません。

もしもそのようなことが可能であれば、苦労して勉強することはありません。

夏休みは詰め込むのではなく冷静に自分の弱点を見つけ、じっくり克服する期間です。弱点が明確になれば一ヶ月の学習で確実に成績は伸ばせます。これが今まで理数塾の生徒が一ヶ月で実力を上げてきた理由です。

塾の集団授業の夏期講習は全く不要です。夏は自分の弱点を見つけることです。詰込みの授業を受けても効果はありません。

理数塾のオーダーメイド個別指導であなたの弱点克服の夏休みで一気に実力を上げましょう。